一閑貼り~柿渋を使った貼り物~【やまぼうし平山台B-station】

今日は寒いですね~(*_*)

平山台も、寒々とした空気に包まれています。


B-stationの主力商品のひとつ、一閑貼りをご紹介します!

一閑貼り(いっかんばり)とは、木や竹などで骨組みを作り、和紙を何度も張り重ねたのち柿渋や漆を塗って色をつけたり防水加工をした、日本の伝統工芸品です。

B-stationでは通年をとおして、利用者さんが作っています。

光沢のある深い色に仕上がっています。

このあめ色になるまで、何度も柿渋を重ねては乾かす作業の繰り返しです。

左が何も塗っていない状態。回数を重ねるごとにつやと光沢が生まれてきます。

作業の様子は、また改めて報告します(^^)/

NPO法人やまぼうし

認定NPO法人やまぼうし(東京都日野市)が運営するカフェやショップをご紹介していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000